留学

オーストラリアへ留学する友達に渡すべきプレゼント3選

シドニーオペラハウス

 

オーストラリアへ留学する友達に贈るプレゼントは何がいい?

結論、日焼け止め、折り畳み傘、文房具です。

高校、大学とオーストラリアで過ごした私が、なぜ日焼け止め、折り畳み傘、文房具が良いか説明いたします。

 

オーストラリア留学をする友達に渡すべきプレゼント

日焼け止め

オーストラリアは紫外線が強い

UV出典:WHO

世界保健機関(WHO)が発表しているUV指数(10が最も強い)を見ると、ダーウィンを除くと日本の紫外線のほうが実は強いのです。

しかし、これはあくまでも数値上の話。経験上、明らかにオーストラリアの紫外線の方が強いです。

浴びていると体が痛くなることもあります。現にガンで亡くなるオーストラリア人のほとんどがスキンキャンサー(皮膚癌)です。

従って、学校では日焼け止めを塗るのが義務であったり、私が通っていた高校では帽子やキャップを着用していないと注意を受けました。

日本製の日焼け止め

オーストラリアでもいろいろな種類の日焼け止めは売られています。

しかし、英語で成分などが記載されていて、よく分からないまま現地の日焼け止めを塗るのはオススメできません。

日焼け止めボトル

オーストラリアでは1リットルの日焼け止めが売られています。それだけ「使う」ということです。

個人的にボトルを買ったことはありませんが、ホストファミリーの家にはありました。

留学初期は日課として顔や腕に塗っていたのですが、本当に「皮膚を守る日焼け止め」という感じでした。

サラサラしていなくて、ぬっちょり。塗り込むタイプではないので基本的に白いのが残ります。

オーストラリア人の中には鼻と頬に残す感じで、あえて塗り込まない人もいます。

なので私は一時帰国した際にサラサラする日焼け止めなどを買って、オーストラリアに戻っていました。

海外郵送

オーストラリアにいてもアマゾンなどを使えば、日本製の日焼け止めを購入できます。

しかし、ルールとしてアルコール濃度が24%以上の日焼け止めは日本から海外に送ることができません。

アルコールフリーの日焼け止めなら日本にいる家族や知人に送ってもらったり、海外郵送対応のオンラインショップで買えばいいと思いますが、アルコール濃度が高い日焼け止めはダメです。

また、アルコール濃度は日焼け止めの成分表に記載されているわけではないので、メーカーに問い合わせないといけません。

さらに、たとえ24%未満だとしても、送る側は伝票に詳しく商品について説明をしないと弾かれてしまします。

書き方の例

sunscreen alcohol free(アルコールなしの日焼け止め)

sunscreen, less than 24% alcohol(日焼け止め、アルコールは24%未満)

文房具

文房具は日本製に限りますね。オーストラリアのスーパーとかにも日本製の文房具は置いてありますが昔の製品だったりします。

特にシャーペンを愛用している人にはシャーペンをプレゼントしましょう。なぜなら、オーストラリアはシャーペン文化ではないからです。

日本:鉛筆やシャーペン&消しゴム
オーストラリア:ボールペン&修正機

テストも注意書きに「ボールペンで書きなさい」とあります。

しかし、テスト以外はシャーペンでもボールペンでもなんでも大丈夫。ドクターグリップのシャーペンなどをたくさんプレゼントすると喜ばれるかもですね。

オーストラリアで有名なボールペン

オーストラリアではBICのボールペンも有名ですが、上記の「PAPERMATE KILOMETRICO(ペーパーメイト・キロメトリコ)」のほうが有名だと思います。

高校ではけっこうな確率で使っている人を見ました。私も使ったことはありますが、持つところが固いので疲れます…。

ホワイトアウト

BICの修正機。ペンキというかマニキュアを塗るような感じで修正していきます。テープ型やペン型を使用している人は少なめな印象でした。

私も最初は使っていたのですが、途中から面倒になり使わなくなりました。テストでも修正機を使う必要はなく、二重線で消せばそれでOKです。

また、別紙(白い紙)をたくさんテスト時にもらえるので、そちらに計算式とかを書いて解いて、回答用紙に記入という感じでした。

折り畳み傘

傘をさすカップルまず、オーストラリア人は傘を差す文化がないので、多少の雨なら濡れても全く気にしません。

折り畳み傘は現地でも購入できますが質が悪いので、日本製の折り畳み傘(自動閉会ボタンなど)をプレゼントするといいでしょう。

折り畳み傘も日焼け止めと同じで最初は内心「いらない!」なんです。

しかし、オーストラリアでは急に雨が一時的に降ることがあるので、折り畳み傘を持っていて損はないです。

オーストラリアへ留学する友達にあげるべきプレゼント3選のまとめ

役に立つ観点から言うと、日焼け止め、文房具、折り畳み傘かなと思います。

まぁ、何をもらっても嬉しい?と思いますが、できるならば役に立つプレゼントをあげた方がいいと思います!

おすすめのオンライン英会話サービス15選【ステイホームを有効活用】おすすめの英会話オンラインサービスのご紹介です。緊急事態宣言でステイホームが続きますが、そんな時でもオンラインであれば英会話を勉強できます。家での時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。...

 

\おすすめ英会話サービス/

 

アクエス

日本人とフィリピン人が交互にレッスンするので低価格。

英会話修得は時間がかかるため、アクエスでは週3回、50分からのレッスン。代わりに、レッスン中に何度も復習ができる自学不要のカリキュラムなので英会話がぐんぐん上達します。

学校名 アクエス
レッスン形態 マンツーマン
講師 フィリピン人、日本人
営業時間 5:00-25:00

公式サイト

スパルタ英会話

ネイティブ講師とのレッスン量業界ナンバーワン。

1日最大10時間通い放題のグループレッスンと、生徒一人一人に合わせたカスタマイズマンツーマンレッスンが売り。

専属コンサルティングも3か月つきっきりでサポートするので続けやすいのが特徴です。

学校名 スパルタ英会話
レッスン形態 マンツーマン、グループ
講師 ネイティブ、日本人
受付時間 平日:10〜21時、祝日:10〜18時

公式サイト

プログリット

プログリットは本気で英語力を伸ばしたい人のための英語コーチングサービス。

応用言語学や第二言語習得論における科学的知見に基づいたカリキュラムと、専属コンサルタントのサポートにより、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現します。

学校名 プログリット
レッスン形態 マンツーマン
講師 日本人
受付時間 平日・休日:10:00-18:00

公式サイト