留学

オーストラリアで休日出勤すると時給が倍以上になる理由

オーストラリアのお金

 

オーストラリアで休日出勤をすると時給が上がります。

オーストラリアでの休日出勤は夜勤や残業と同じ扱いなので時給が1.5〜2.5倍になります。

勤務形態によって休日出勤時の時給は変わってきますが、オーストラリアでは好んで休日出勤をする人が多いのも事実(友人がそうでした…)。

そのあたりも含めてオーストラリアで休日出勤をすると時給が倍以上になる理由をご説明します。

オーストラリアで休日出勤すると時給が上がる理由

ペナルティレートと呼ばれ、オーストラリアで休日出勤するのは、残業、深夜勤務、早朝勤務と同じ扱いとなります。

Penalty rates

Employees often get a higher pay rate when working:

weekends
public holidays
overtime
late nights shifts or
early morning shifts.

(出典:オーストラリア政府

日本では割増賃金といって深夜に働くと時給が25%アップ。そんな感じでオーストラリアでは土日・祝日に働くと時給が上がるのです。

オーストラリアで休日出勤すると時給はどのくらい上がるのか?

ファストフード、ホスピタリティー、薬局、レストランなど各業界で多少の違いはありますが、ファストフード業界を例にあげます。

正社員・アルバイト 業務委託
祝日 2.25倍 2.5倍
土日 1.25倍 1.5倍

オーストラリアの最低賃金は19.49ドル

オーストラリアの最低賃金は、19.49ドル(約1,470円/75円換算)。東京の最低賃金が1,013円なので高いですよね。

The national minimum wage is currently $19.49 per hour or $740.80 per 38 hour week (before tax).

(出典:オーストラリア政府

オーストラリアの時給が高いのは物価が高いから

オーストラリアの国土東京の最低賃金より高いので「いいな」と感じますが単純に物価が高いので、それに伴って時給が上がっているだけです。

オーストラリアは日本の約20倍の大きさ、人口は約2,400万人。なにより鉱山、石油、天然ガス、ウランとか資源が豊富なので経済が安定しているんです。

でも日本人がオーストラリアで過ごすとしたら「しんどいかな」と思います。なぜなら日本で牛丼1杯は約300円ですが、オーストラリアでは約10ドル。

最低賃金で比べたら日本なら3杯、オーストラリアでは2杯。この1杯の差が大きいのは長く生活するとしたら、相当なものになると思います。

しかし、ステーキは安いので家で焼いて食べていればOKでしょう! めちゃくちゃ美味しいです!

休日出勤されると給料を払う企業側にとっては痛手

オーストラリアで休日出勤をすると時給が1.5〜2.5倍になる理由は理解して頂けたと思います。

ただ、これは従業員がハッピーなだけ。支払う会社側としては痛手です。

政府としては「倍以上の時給を支払いたくなければ、休日出勤をする必要のない会社作りをしろ!」ということだと思いますが。 

オーストラリアの友達が休日出勤していた理由は「稼ぎたい」からだった

ハングリージャックス高校生のとき私はホームステイをしていて、近所にハングリージャックスが隣接した大きなガソリンスタンドがありました。

そこでアルバイトをしていたのがホストブラザーというか同じ学校に通う友達でした。

やたら祝日や日曜日に働いていて「友達いないのか、こいつ」とか思っていたのですが、時給が倍になるからだったんですね。

調べていて納得しました。

ハングリージャックスはバーガーキングのこと。

アメリカからバーガーキングが来た際、すでにバーガーキングという店がシドニーにあったのでハングリージャックスとなりました。

オーストラリアでワーホリをするなら休日出勤をしよう

ワーキングホリデーでも適用されるので、積極的に休日出勤すれば稼げると思います。

私はワーホリの経験がないので、Global Diveのようなワーホリを専門に取り扱っている業者に聞くと、無料でいろいろと教えてくれるので、利用してみるのもいいと思います。 

 

\おすすめ英会話サービス/

 

アクエス

日本人とフィリピン人が交互にレッスンするので低価格。

英会話修得は時間がかかるため、アクエスでは週3回、50分からのレッスン。代わりに、レッスン中に何度も復習ができる自学不要のカリキュラムなので英会話がぐんぐん上達します。

学校名 アクエス
レッスン形態 マンツーマン
講師 フィリピン人、日本人
営業時間 5:00-25:00

公式サイト

スパルタ英会話

ネイティブ講師とのレッスン量業界ナンバーワン。

1日最大10時間通い放題のグループレッスンと、生徒一人一人に合わせたカスタマイズマンツーマンレッスンが売り。

専属コンサルティングも3か月つきっきりでサポートするので続けやすいのが特徴です。

学校名 スパルタ英会話
レッスン形態 マンツーマン、グループ
講師 ネイティブ、日本人
受付時間 平日:10〜21時、祝日:10〜18時

公式サイト

プログリット

プログリットは本気で英語力を伸ばしたい人のための英語コーチングサービス。

応用言語学や第二言語習得論における科学的知見に基づいたカリキュラムと、専属コンサルタントのサポートにより、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現します。

学校名 プログリット
レッスン形態 マンツーマン
講師 日本人
受付時間 平日・休日:10:00-18:00

公式サイト